居酒屋でパーティーをするなら幹事が必要

居酒屋魂 ダイニング

新着情報

2013/10/15
中心を更新しました
2013/10/15
会合を更新しました
2014/02/19
二次会を更新しました
2014/04/17
日本料理を更新しました

おすすめ

tyuushin

中心

忘年会や新年会などが行われる時には、幹事を決…続きを読む

kaigou

会合

パーティーには複数の意味がある。ただし、日本…続きを読む

二次会

二次会

二次会とは、パーティーなどのイベントに付随し…続きを読む

飲食店

insyokuten

居酒屋とは、酒を中心に提供する飲食店である。
酒を提供する飲食店には、居酒屋の他にもレストラン、バー、パブなどがある。しかし、レストランは主に料理が提供されている。また、バーやパブは酒も店舗も洋風なことが多い。
このことから、酒を中心としている和風の店は居酒屋であると区別することができる。ちなみに、洋風の居酒屋も存在するが、その場合は「洋風居酒屋」と称している。

居酒屋は、取り扱われている酒の種類が豊富である。居酒屋に行けば、一般的にビール、日本酒、焼酎、チューハイ、サワーなどは取り揃えられている。それ以外にもカクテル、ワイン、泡盛、ブランデーなども取り扱っている店舗も存在する。また、梅酒、カクテル、焼酎、日本酒類に特化した店もある。そして、酒以外のソフトドリンクも用意されている。

客層

一般的に、居酒屋に行く目的は「酒を飲みに行くこと」である。そのため、酒類の取り扱いが多く、料理はつまみになるようなメニューが多い。

居酒屋には定番メニューというのがある。例えばビール、枝豆、冷奴というのはよく知られた組み合わせである。枝豆や冷奴はスピード料理とも呼ばれており、注文してからすぐに出てくるのが特徴である。

居酒屋は酒をメインで取り扱う飲食店である。そのため、客層としては酒が好きな人が多い。また、法律で未成年者の飲酒は禁止されている。そのため、必然的に居酒屋に来る人は20歳以上の人々がほとんどとなる。そして、酒を飲まない場合でも、未成年者の入店は禁止されている店舗もある。ただし、居酒屋にはジュース類の取り扱いもあるため、酒の飲めない成人が行くのは問題ない。

外食

gaisyoku

酒の歴史の始まりは、紀元前4000年~5000年頃からである。この頃にはワインの原型を作っていたという記載がある(『ギルガメッシュ叙事詩』などの文献より)。

また、日本における居酒屋の誕生は江戸時代からである。飲酒自体は3世紀末頃には行われていたと文献に書かれている(『魏志倭人伝』など)。
ただ、現在の居酒屋のように酒が飲める大衆的な店が誕生したのは江戸時代の頃である。この頃から、日本でも「外食」という新しい概念が生まれ始めた。


remark!

新宿でパーティー会場を探すなら:パーティー会場比較サイト